読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ENDER ENDERと唐突な「世界の終わり」ブーム

ENDER ENDER(初回生産限定盤)(DVD付)

ENDER ENDER(初回生産限定盤)(DVD付)

買いました。「CDが売れない? まったく由々しき事態ですね」と言いながら初回版買いました。 特典DVDもあるしDEMO OF THE WORLDはiTunesで買えないからな!

中身の話

な……なんかギルガメっぽい! 打ち込みのブリブリ感とかすごくそれっぽいです先輩! 何回か聞いてると「あ、やっぱ違うわ」と思うんですが一瞬ふえっ!? となりました。 ちなみにMVもevolutionと同じ歌詞の投影っぽいことをやってましたが後輩は直接プロジェクタ投影、先輩はCG合成。

個人的にはカップリングの「モノポリー」の方が好きで……って最近のシングルそんな事言ってばっかりだわ! まあいいや。歌詞が良いです。世の中の閉塞感みたいな、「6」とかあの辺の曲でやってた「世の中クソ」みたいな歌詞でちょっと懐かしい気持ちになりました。曲調がミドルテンポなのでより一層懐かしのムック感がある。

6

6

World's endときてENDER ENDER

んで、アルバムが END OF THE WORLD だっけ。 なんか、「世界の終わり」ブームですね*1。今年は1999年じゃねえですよ。 こちらとしては「この怒濤の「終わり」推し……ま、まさかバンド終わるの!?」と一瞬心がざわつくんですけど、彼らの大先輩もしょっちゅう「finale」とか「終幕」とか言ってたので無駄なざわつきだと思います。タブンネ

*1:どうでもいいけど世界の終わりとかくと予測変換でセカオワと書かせようとするATOKにちょっと殺意を感じる